今日は、母の介護保険の納付書が届きました

今月に入り、母の介護保険の納付書が届きました。今迄は、母の年金から天引きという形になっていたのですが、今年の8月分からは、そういったことが出来ないということで納付書が送られてきたのですが、その理由について市役所に問い合わせたのですが、不明といった回答が返ってきました。私の側は、書類に書いてあるように、年金の変更があったからだということが、後日判明(というよりも年金機構からの通知書で推察したといった方が良いでしょう)したので、納付書で支払うことにしました。ただ、納付書は、銀行、信用金庫、市役所窓口でしか支払えず、郵便局やコンビニエンスストアでの支払いが出来ない納付書でした。市役所の職員の方も、そういった窓口の納付書であることで具合が良くないのであれば、郵便局の窓口で支払う納付書を送付する旨のことを回答していたのですが、時間的にも距離的にも金融機関での支払いは、郵便局が最も行い易いので、その旨を職員の方に話していましたが、今日、郵便局用の納付書が送られてきました。これで、郵便局での納付が可能となるのですが、国保の様にコンビニエンスストアでの支払い可といった様に進んでいないのが介護保険だというのは残念な気がしました。ともあれ、来週第1回目の支払いを行い、滞納しない様に気を付けたいと思います。母の望むように、母が長生きをして貰いたいと思っています。キレイモ 33箇所