梅雨の湿気対策には、新聞紙を活用してみませんか

日本において、毎年6月から7月にかけて、ジメジメとした「梅雨」の季節が訪れと、外出するのが億劫になりますね。

梅雨の湿気対策に、「除湿剤や除湿機」での効果が期待できますが、私がお薦めするのは、「新聞紙」を活用する方法です。
そもそも新聞紙とは、「紙の表面がデコボコしている素材」なので、普通紙よりも「水分を吸収しやすい」のが利点なのです。
一般的に湿気がこもり易いクローゼットや押入れ・たん笥・靴箱などの収納スペースには、新聞紙を敷いておくと湿気対策に効果が期待できます。
押入れの中には通気性を良くするために、「スノコ」を敷いておくことがあると思います。スノコの下に小さく丸めた新聞紙を置いたり、「細い筒状にした新聞紙」をクローゼットの隅や靴箱に入れるとカビ、ダニの繁殖を防ぐことが出来ます。

このような事から普段、押入れやクローゼット・靴箱に関する、梅雨の湿気対策には是非、「古新聞」を活用してみてはいかがでしょうか。脱毛ラボ キャンセル