乾杯で地域活性、とりあえずビールからの脱却

「とりあえずビール」、居酒屋ではお決まりのセリフですが、全国を見回すと乾杯はビールだけとは限らないようです。
全国各地には様々な乾杯条例が制定されており、中でも最も多いのが「地酒で乾杯」という条例です。

この地酒の定義ですが、地元で製造されたお酒を示している場合もあれば、地元で収穫された原料で造られたお酒を含む場合もあります。
例えば、九州の「焼酎で乾杯」、和歌山の「梅酒で乾杯」などは、具体的な酒類を指定した条例です。
他にも、「有田焼で乾杯」と言ったお酒ではなく、お酒を飲む器を指定した乾杯条例もあります。
それから、アルコールを提供しない会やお酒を飲み終わった後に「お茶で乾杯」という条例もありました。

栃木県は県内で生産された原料を使って造られたお酒で乾杯を推奨しており、私の地元足利市では牛乳の生産が盛んなので、「ミルクで乾杯」を勧める条例があるようです。
どの業界も消費拡大に必死なのが分りますね。
私はお酒を飲まないので、ミルクで乾杯です。http://www.imacsindonesia.com/musee-hanashita.html