「BONES 骨は語る」シーズン7 第12話を見て

アメリカドラマ「BONES 骨は語る」シーズン7の第10話「いじめの結末」を見ました。子どもの頃から背が低いことをからかわれていじめられていた被害者は、強い男への憧れから息子に空手を習わせていました。空手教室ってアメリカでもメジャーなのでしょうか。先生が日本語で「黙想!」と言っていたのが印象的でした。
そして、ブースの息子パーカーが久しぶりに登場して嬉しかったです。もう11歳になって、すっかりお兄ちゃんですね。そんなパーカーですが、嘘をついたりおもちゃを壊したりしたので、ブースは異母妹が出現した影響なのではと心配します。しかし実は、サプライズでクリスティンにベッドメリーを手作りしていたとわかるラストシーンは、胸がいっぱいになってしまいました。ブースとブレナン、パーカーとクリスティンの4人は、こうやって少しずつ家族を築いていくんですね。
また、ラボの高額な設備をめぐるジャックとカミールのバトルが面白かったです。決してめげないジャックには笑いました。

「電子射程負荷鍋2」展開が確認できないのが肩透かし

本日は、インターネット買物で数日前に注文していた、「電子幅外敵鍋が出荷されました。」との配布が届きました。、細くいうと、3日光前に注文したものが
、本日これから出荷されたという感じです。これは、売れ残りをかかえない業者が売り物を取り寄せて、出荷というテクをとっているからこれくらいの時間がかかるのでしょう。ただ、おんなじ売り物の販売元の取り分け一番安い業者だったので、これくらいは、当然でしょう。
 もしもこれが、買い取っていて、売れ残りを秘める業者の案件ですと、賜物自体はそれなりの料金だったに違いありません。ただし、売れ残りを秘めるので、売り物の出荷は手っ取り早いでしょう。売り物がアッという間にほしい場合には常に割高の配置の業者を選べばいいのだろうと思います。
 電子幅外敵鍋、明日からいちはやく扱う事ができればいいなと思います。ただ、宜しい忘れておりましたが、電子幅外敵鍋の最初の賜物とは、ギャップ、「電子幅外敵なべ2」となっているのですが、旧式の物は欠けるので、その進出をがどれほどの賜物なのか確認できないのが残念です。