父の遺品のワイシャツをマミーのアウターへリメイク

お父さんの遺品整理を通していた姉から、服がたくさんあって悔しいから何かにリメイク出来ない?って共鳴。
なのでお母様のブラウスにリメイクすることにしました。
お母様も嬉しそう。
ともかく3着、マイホームにとって帰り分解事務だ。
こういう分解事務、袖、カフス、身頃、襟などポイントごとに糸をほどきバラしていくのですが、これがずいぶん危険。
ほどいた各ポイントに型紙をあわせたら…お父さんのワイシャツは意外にも小ぶりだったようでがたいはまるでかわりませんでした。
ほどかなくても、専らお母様が着れたのでは…。
オーダーで作ってもらったワイシャツなので空席を取らず、ジャスト容量で作ったようです。
そのままでもお母様が着れたかもしれないけれど、機種を取り直してリメーキャップしたので、
必ず男性くさいワイシャツから方法の綺麗なママらしきブラウスになりました。
襟を丸くしたり、スタンド色あいにしたり、ビジューや対戦を置きたり。
不向きながらも…下手だからこそ何やかやいじりたく達するのかもしれませんね。
私でも知っているような商標存在だったので、生地もとても上質な存在だったと思います。
お母様もとても喜んで着てくれて、お父さんへの進め方も感じます。
次はスーツの生地で甥っ子陣に外装積み荷を取る真意だ。ミュゼ 無料カウンセリング