幼児のパスとガーデンでプチバスケットボールのディフェンス進歩をしたこと

今日は土曜日なのに、こどもは小学生へ登校日であった。普段はなんだか午前のスルーができないので、今日は良い機会だから、ボクが午前のスルーを行った。期間から幾らか早く外に出て、豆バスケットボールのディフェンスの学習をやった。こどもは腰を落として綺麗な書式でディフェンスの動きをやった。これには驚いた。思っていたによって、うまくなっているのだなと思った。ボールにおいてドリブルをすると隣家不具合になるので、ボールなしでボクがオフェンス役、こどもがディフェンス役になり、1対1をやった。企画に必ず加わるんだよといった言いつけながら10当たりぐらい行った。おんなじ通学分隊の近所の子供たちが迎えにきたので、ディフェンスの学習を切り上げて見送った。今日はこどものカリキュラムで、課外領域があるようで、学園の付近をカリキュラムで移る催しがあるようだ。そのため、ときめきで学園にかけていう。こどもが見えなくなるまで、道路に立って見送った。後姿を見ながらふっと思ったのだが、背丈がとっても伸びた感じがした。こどもの育成を確認できてうれしかった。